お知らせ

ペットロス症候群の主な症状について

「ペットロス症候群」という言葉をご存知でしょうか?近年ペットとの別れによる辛さを克服できずにさまざまな心身の不調をきたす「ペットロス症候群」に悩む人が増えています。ペットロス症候群にはどのような症状があるのか、重症化するとどうなるのか、対処法について、見ていきましょう。

ペットロス症候群の主な症状

我が子のように愛し可愛がっていたペットと二度と会えなくなるということは、飼い主に大変なショックを与えます。ペットロスになってしまうと、次のような症状が現れるのです。

・悲しくなり涙が止まらない
・何をしても楽しいと感じない
・物事に対しての関心がなくなる
・仕事や家事が手につかない
・罪悪感の念にかられる。

ペットロス症候群になってしまうと、ペットを失った悲しみから涙が止まらなくなります。そのため仕事や家事の途中で涙がとめどなく溢れ、作業が手につかなくなってしまうのです。また物事に対する興味や関心がなくなり、何をしても楽しいと感じることさえできなくなってしまいます。ペットに対してもっと尽くしてあげれば良かったと後悔し、罪悪感の念に駆られて気持ちが整理できなくなるのです。

ペットロス症候群が重症化してしまうケース

ペットを亡くした悲しみが拭いきれずに、ペットロス症候群が重症化してしまうケースがあります。例えば精神的な面でいうと、「抑うつ」状態になるのです。症状が進行すると睡眠欲、食欲などといった人間が本来持つ欲求にまで影響を及ぼし、何も食べたくない、眠れないなどの症状になります。このように、生きていくために必要な行動ができなくなるくらいの状況に陥るケースが増えているのです。

ペットに対して強い愛着がある方、ペットの存在によって自分自身が心身共に支えられていた方、ペットが癒しの存在だった方、ペットを家族同然の存在だったと感じている方などは、症状が重度になりやすいという特徴があります。ペットとの別れから数ヶ月経ってもこれらの症状が改善しない場合、克服するための対策が必要です。

無理せずペットロスを克服する方法とは

ペットロス症候群が重症化してしまうと、治療が必要になります。一番大事なのは心の持ち方ですが、ペットとの別れの直後は悲しみのあまり涙が止まらないこともあるでしょう。このようなときは思いっきり泣いてみるといいでしょう。まずは泣くことで、感情を洗い流すということが大切です。

さらに、「ありがとう」という感謝の気持ちを抱くようにすると、気持ちを落ち着かせることができるでしょう。ペットのおかげで幸せな日々を過ごせた、辛い時期を乗り越えることができた、などペットとの思い出を振り返ってみてください。葬儀や火葬をしてあげるなど、ペットをきちんと送り出してあげることも大切です。
横浜・川崎・藤沢にある湘南福祉サービスではご家族の悲しみに寄り添うためのメモリアルグッズもご準備しております。