お知らせ

ペットロス症状に苦しむ方への接し方|基本は寄り添うこと

ペットロスとは愛するペットを亡くしてしまったことによる悲しみのことです。この症状は決して珍しいことではなく、ペットを亡くした飼い主なら誰でも起こりうる出来事でもあります。なかには、飼い主が悲しみのあまり、心や体に何らかの症状を患ってしまうこともあるのが特徴です。近年は、ペットを家族の一員としてとらえる方が多いため、そのこともペットロスの症状が重くなってしまう理由でしょう。もし、身近にペットロス症状に苦しむ方がいたとき、どのような接し方をすればいいのでしょうか。

ペットロスの人を励ますときは相手の価値観に合わせた言い方を心掛ける

周囲にペットロスに陥っている人がいたら、どう接すればよいかわからないこともあるでしょう。まずは相手の価値観に合わせた言い方を心がけることが大切です。ペットロスに陥っている人は、ペットを家族のように愛し、かけがいのない存在として一緒に暮らしていました。そのような存在が急にいなくなってしまった喪失感は、非常に大きいものでしょう。そのことをしっかりと理解し、悲しんでいる相手の価値観に合わせる必要があります。ペットロスを乗り越えるには、その心からの悲しみを、悲しみのままの感情で表に出していくことが大切です。思いっきり泣きたいのなら泣ける環境を作ってあげ、ペットの話をしたいのなら話を聞いてあげるといいでしょう。

ペットロスの人に新しいペットを勧めるのはNG

ペットロスの人が立ち直るきっかけとして多いのは、新しいペットを迎えることといわれています。ただ、それはある程度月日が経ち、悲しみが癒えはじめてからのことです。愛するペットを失った直後で、まだ悲しみのどん底にいるような人に、新しいペットを勧めるのは危険でしょう。悲しみが深すぎて、逆に新しいペットを憎んでしまったり、ペットロスの症状を悪化させてしまったりすることがあります。新しいペットを迎えるにはタイミングが重要で、安易に勧めればいいというものではないということを理解しましょう。

立ち直らせるのではなく寄り添うのが基本

ペットロスの人に接するときには、立ち直らせようと気負うのではなく、ただ寄り添っているという姿勢が大切です。心から悲しんでいる人は、誰から立ち直らせてもらうのではなく、自分で立ち直るしかありません。自力で立ち直れるよう、寄り添いながらそっとサポートしてあげてください。

亡くなったペットの供養をしっかりとすることも大事でしょう。供養の方法は、業者に頼んで火葬してもらう、自宅に埋葬する、散骨するなどです。
横浜、川崎、藤沢でも、ペットの火葬を行う会社があり、横浜・川崎・藤沢の「湘南福祉サービス」では、ペットちゃんとの最後のお別れをしっかりとサポートさせていただきます。