お知らせ

ペットの体調の急変に!すぐ診てもらえる横浜の救急病院3選

ペットの様子がおかしい、夜中に苦しがっている、このようなとき備えて、夜間救急に対応してくれる動物病院を知っておくことは大切です。この記事では、横浜で夜間救急・診療に対応してくれる病院やクリニックを3つ厳選してご紹介していきます。

専門医療や夜間救急もおまかせ!「DVMsどうぶつ医療センター横浜」

「DVMsどうぶつ医療センター横浜」は、かかりつけ医では対応できないけがや病気の診療を行う二次診療の病院です。以前は横浜に夜間救急の動物病院が存在せず、不安を抱く飼い主の方が多かったなか、横浜市内の獣医師有志らが立ち上がり、2003年に株式会社DVMsを設立しました。その後2004年には横浜夜間動物病院として、診療をスタートしたのです。

現在は名前が変わり、横浜に誕生した夜間救急対応の病院として、日々動物達の診療を行っています。昼間は二次診療センターとして、かかりつけの獣医師が予約をすることで診察を受けることが可能です。夜間は飼い主が直接病院へ連絡をすることで受診することができます。診療体制が整っている病院です。

24時間・年中無休の「保田動物病院」

「保田動物病院」は、横浜市戸塚区にあります。1965年に開院し、現在では一般診療に加え高度医療を提供できる病院です。夜間救急は24時間対応で、椎間板ヘルニアなど緊急を要する疾患にも迅速に対応してくれます。また、年中無休なので年末年始や祝日など、ほかの病院が休診のときでも安心です。

診察は予約不要で、随時診療対応してくれます。犬や猫だけでなく、うさぎやハムスター、フェレット、小鳥などの診察が可能です。6つの診察室や充実した検査機器を完備し、広々とした待合室や駐車場を完備している点など、飼い主とペットに配慮した建物になっています。検査・治療はもちろん、入院対応やリハビリなども行ってくれて、回復のためのサポートも安心です。

良心的な料金設定の「ケトル・ペットクリニック」

「ケトル・ペットクリニック」は、横浜市中区にあります。伊勢佐木長者町駅から徒歩4分のところにある動物専門のクリニックです。夜間に一般診療を行っており、良心的な料金設定になっています。犬や猫の診療が専門で、昼間は往診が可能です。

土曜日は休診ですが、日曜日や祝日、休日診療を行っています。ペットの様子がおかしいときだけでなく、しつけや食事の面で気になることも気軽に相談できる病院です。ペットの様子が気になる際には、ぜひ受診してみてはいかがでしょうか。

湘南福祉サービスでは、大切なペットの供養、火葬を承っております。横浜、川崎、藤沢周辺の方は、大切な家族が亡くなってしまったら湘南福祉サービスへご相談ください。