お知らせ

どんな良い影響がある?ペット保育園を利用するメリット

ペットを飼っていると、どうしてもお留守番をさせなければならない場合があります。そんな中で注目されているのがペットの保育園です。近年では横浜・川崎・藤沢近郊でも見かけることが増えています。犬の保育園への通園は、飼い主さんやワンちゃんにどんな影響を与えるのでしょうか?犬の保育園のメリットについてご紹介します。

犬の保育園でワンちゃんが学べる経験とは

犬の保育園では、人間同様、プロからのしつけや他の犬との関わりを経験できます。
犬の保育園には多くの場合、ドッグトレーナーが勤めています。飼い主さんがしつけやトレーニングをすることも重要ですが、プロはワンちゃんの性格や特徴に合わせて最も適切な方法で実行します。ワンちゃんができることが増えて、ペットも達成感や褒められる喜びを味わうことができます。

また犬の保育園には、人間の保育園同様、他の犬も通っています。ワンちゃんたちはお互いに触れ合い、楽しく遊びながら犬の社会性を身に着けていきます。他の犬との触れ合いは、ペットホテルやドッグトレーニング施設ではあまり経験できないため、犬の保育園ならではのメリットと言えるでしょう。

犬の保育園のメリット

お留守番の場合、ワンちゃんは長時間を一匹だけで過ごすこととなります。できるだけ自由にさせてあげたいものの、壊されたくないものなどを考えると、行動範囲を制限せざるを得ない場合もあるでしょう。

犬の保育園では運動スペースなどが用意されていることが多く、ワンちゃんはお友達と共にのびのびと遊ぶことができます。保育園のスケジュールにお散歩が含まれていれば、ワンちゃんも飽きずに過ごしやすくなります。

また、犬の保育園では飼い主様の都合の良い時間に預けることができるうえに、送迎を行っているところも多く見られます。そのため、飼い主様のライフスタイルに合わせて利用しやすいのです。他にも、飼い主様はブラッシングや歯磨きなどのケア方法をプロから学ぶことができます。

犬の保育園に通ったときのワンちゃんへの良い影響とは

犬の保育園に通うことで、お留守番で寂しい思いをする時間も減り、ワンちゃんの心身の健康につながっていくでしょう。さらにもうひとつのよい影響は、ペットの社会性が育つことです。他の犬との関わりのみならず、飼い主様以外の人間との触れ合いに慣れることもできます。プロから受けるしつけやトレーニングも、社会性を発達させるのに効果的です。

犬の保育園への通園は、ワンちゃんにとっても飼い主様にとっても多くのメリットがあります。まずはカウンセリングや体験入園などから試してみてはいかがでしょうか。

飼い主様がワンちゃんのためにしてあげられることは、保育園の利用だけにとどまりません。たとえ亡くなってしまったあとでも、大切に供養をしてあげることができます。横浜・川崎・藤沢のペット火葬「湘南福祉サービス」は無料相談も可能です。