お知らせ

横浜でペットOKの住宅を探す方法|気になる費用やおすすめ物件の特徴

ペットと一緒に暮らせる住宅は少なく、引っ越し先がなかなか見つからないということもあるでしょう。条件にあった物件が見つかるまでゆっくり探すことができれば良いのですが、転勤などでは早く新居を見つける必要があります。

ここではペットと暮らせる住宅を探す場合に、できるだけ早く新居を見つけるためのポイントやペットと快適に暮らせるペット共生住宅についてご紹介しましょう。

ペットOK物件は少ないのでこだわり条件は最低限に

ペットと一緒に暮らせる物件は、一昔前に比べたら増えています。しかしペットOKの物件は全体の約10%であり、やはり物件数は少ないのが現実です。物件を選ぶときにポイントとしては、「駅からの距離」「周辺の施設」「トイレ・風呂別」などがあります。

また、「収納スペースの広さ」「日当たりの良し悪し」もチェックしたいポイントです。すべての条件を満たす物件が見つかればよいのですが、ペットと一緒に暮らせる物件が少なくなります。どうしても外せないこだわりの条件をいくつか絞って物件探しをしたほうが、早く物件を見つけることができるでしょう。

ペットOK住宅の初期費用・家賃は高め

ペットOKの住宅を見つける場合、ひとつ覚えておかなくてはならないことがあります。ペットと一緒に暮らせる物件は、ペット不可の住宅に比べて最初に支払う初期費用が高めに設定されている点です。初期費用とは「敷金」「礼金」のことをいいます。

ペットと一緒に生活をする場合、住宅が汚れたり壊れたりして原状回復に費用がかかる可能性があるため、ほとんどの場合は初期費用が高くなっているのです。初期費用が家賃の1ヶ月であれば、ペット可能な住宅の場合は2ヶ月分払うというように積み増しになります。ほぼ同じ条件の物件でもペットと暮らせる住宅のほうが1割から2割ほど家賃が高く設定されていることが多いです。

ペット共生型住宅がおすすめ

「ペット共生型住宅」はペットOKの住宅とは異なり、ペットと暮らすのを前提に建てられた住宅になります。そのため、ペットと暮らしやすいように「ペット専用の足洗い場」「リードフック」など、ペット施設が充実していることが特徴です。住民のほとんどがペットを飼っているので、ペットを巡る近隣トラブルが生じる心配もありません。

ペット共生住宅に興味のある方は、ペット共生住宅で物件を探してみてください。横浜や川崎、藤沢エリアはペット共生住宅があるだけでなく、ペットの火葬が依頼できる施設も充実しています。横浜・川崎・藤沢のペット火葬「湘南福祉サービス」は葬儀の無料相談が可能です。