お知らせ

合同火葬と個別火葬のメリット・デメリットを比較

かけがえのない家族の一員であるペットですが、いつかはお別れのときがやってきます。とても悲しいことですが、そのときにどのようなお別れにするのか決める必要があります。気持ちが動揺しているときに、いろいろと調べて決めるのは大変かもしれません。横浜・川崎・藤沢でも葬儀が行えるため、ペットがまだ元気いっぱいで気持ちに余裕があるときにあらかじめ考えておくことをおすすめします。

合同火葬のメリット・デメリット

ペットの火葬方法のひとつに「合同火葬」があります。合同火葬は字のとおり、ほかのペットと一緒に火葬し、合同供養するという方法です。同じ悲しみを抱えた方々と一緒に時間を共有することができますので、気持ちを理解し共有できるというメリットがあります。また、費用面でも低価格で済ませることが可能です。

しかし、合同火葬の場合だと、お骨が手元に残らないというデメリットもあります。最近では、人とペットが一緒に入れるお墓もあるため、ペットのお骨を大切に残しておきたいという方にとっては不向きといえる火葬方法です。

個別火葬のメリット・デメリット

次に「個別火葬」ですが、これは自分のペットだけを火葬してもらうという方法です。個別火葬の場合、霊園の担当者に預けておき、後でお骨を受け取りに行く方法、そのお骨をそのまま納骨までしてもらう方法、人間の場合のように火葬まで立ち合い、お骨を拾うところまで自分で行う方法があります。

大切なペットのお骨を確実に受け取ることができるというのがメリットですが、個別火葬となるため、合同火葬に比べると費用は高くつくことがデメリットともいえます。

ペット火葬の流れ

もしペット火葬が必要になったなら、どのような流れで行うことになるでしょうか。人間の場合とは少し異なり、同じ敷地内でまず葬儀をし、火葬、納骨、埋葬、供養が主な流れとなっています。

最近では、ペットの場合でもきちんと葬儀をするのが人気です。せっかく家族の一員として迎え入れたのだから葬儀までしてお別れをしたいと思われる方が多いことが理由となっています。

住んでいる場所によっては、業者の方が家まで来てくれる場合もありますので、あらかじめ調べておくのがおすすめです。

いざその状況になると、どうしても動揺してしまいそうという方は、専門の方にある程度任せるのも一つの手段といえます。

そんな日は来なければいいと思いますが、いつかお別れのときは来てしまうものです。そのときには、飼い主として最後の責任を果たさなければいけないでしょう。横浜・川崎・藤沢の「湘南福祉サービス」では、ご意向に沿った葬儀の形式で家族のお見送りをお手伝いしております。