お知らせ

災害で火葬が遅れそうな時の対処法は?ペットの遺体の正しい保管方法

ペットの遺体を火葬するまでは、正しい方法で遺体を保管しておく必要があります。災害などで火葬が遅れそうな場合には、ドライアイスや保冷材を使用して腐敗を防ぎましょう。事前に遺体の正しい保管方法と、ドライアイスや保冷剤の使用について確認しておくことが大切です。

火葬までのペットの遺体の保管方法

ペットが亡くなってから火葬をするまでの間は、遺体を保管しておかなくてはなりません。ペットは亡くなって数時間経つと、死後硬直が始まります。亡くなったままの状態で置いておくと体の一部が伸びたり、目が開いたりするので、なるべく死後硬直が始まる前に体を自然な状態にしてあげましょう。手足は関節部分で折り曲げるようにし、目は閉じてあげてください。次にタオルなどで拭いて体を清め、遺体はペットシートやバスタオルの上で保管しておきます。下にシートやタオルを敷いておくと、遺体を運び出す際に端を掴めるためスムーズです。直射日光が当たらない場所のほうが腐敗を防げるので、なるべく日光の当たらないところに寝かせておきましょう。

災害などで火葬が遅れそうな場合はドライアイスや保冷剤の使用を

災害などで火葬が遅れそうな場合は、ドライアイスや保冷材の使用がおすすめです。遺体の状況などによって安置可能な期間は異なり、夏場は1~2日・冬場は2~3日程度となります。ドライアイスを使用する際はタオルなどで包んでから遺体に当て、直接当てないようにしてください。遺体が小さいと、長時間ドライアイスを当てた場合に凍ってしまう可能性があるため注意が必要です。ドライアイスよりも効果は劣りますが、保冷材の使用も有効といえます。保冷材は冷却力が弱めなので、段ボールに入れるなどして冷気が逃げないように気を付けてください。室温を下げれば少しだけ腐敗を遅らせることができるので、安置する期間が延びる場合はエアコンで室温を下げましょう。

遺体保管中に出血や汚物が出た場合は

遺体保管中に出血する、汚物が出る場合があります。自然に起きる現象なので出血や汚物を確認して、その都度体を拭いてあげましょう。時間が経つと自然現象は落ち着いてきますが、気になる場合は液が出る部位にティッシュなどを詰めておくのがおすすめです。必要に応じてティッシュを交換してあげてください。ティッシュ以外に脱脂綿なども使えます。床を汚す可能性があるため、あらかじめペットシートかバスタオルを敷いておくと安心です。横浜・川崎・藤沢でペット火葬をご検討の際は「湘南福祉サービス」にお気軽にお問い合わせください。横浜・川崎・藤沢の湘南福祉サービスでは、ペットの火葬・納骨・埋葬をおこなっております。