お知らせ

横浜にあるペット共生型マンションで一緒に暮らせる喜びを味わおう

ペットを飼う人が増えている近年では、横浜・川崎・藤沢エリアにもペット共生型マンションが建てられるようになりました。ペットの飼育に便利な設備がついているほか、飼育をサポートしてくれる病院やお店が併設されている物件が誕生しています。ここでは、ペット共生型マンションの特徴をご紹介いたします。

ペット共生型マンションの特徴

ペット共生型マンションは、ペットの飼育を前提とした造りとなっているのが特徴です。マンションの共用部分にペット用の設備が設けられていたり、動物病院が併設されていたりします。なかにはドッグランやペットサロンなどが併設されている物件もあるようです。

建物の材質なども工夫されており、消臭効果がある壁や、汚れが落ちやすい床などが採用されています。室内もペットの飼育に配慮されているため、人も動物も過ごしやすいでしょう。

なお、ペット可の物件と混同されることがありますが、両者には違いがあります。ペット可の場合はペットの飼育が認められているだけであり、造りは通常のマンションと同じです。ペットと一緒に暮らすことを目的に建てられたわけではないので、ペット共生型マンションを探す場合には注意しましょう。

ペット共生型マンションの設備

ペット共生型マンションの共用部分にある主な設備としては、足洗い場・汚物ダスト・グルーミングルーム・ペット乗車サイン付きエレベーターなどが挙げられます。

足洗い場は散歩から戻ってきた際、マンション内に入る前に汚れを落とすことが可能です。汚物ダストは、散歩中の排せつ物を部屋に持ち帰らずに捨てられるというメリットがあります。グルーミングルームには専用の設備が整っており、犬猫のシャンプーやブラッシングをしっかりとおこなえるでしょう。ペット乗車サイン付きエレベーターは動物が苦手な人に対して、動物の乗車を知らせられるシステムです。他にも、リードフック・ドッグフェンス・ペット用くぐり戸などが室内の設備として挙げられます。

横浜でのペット共生型マンションの探し方

横浜でペット共生型マンションを探す場合、不動産会社に相談するのが一番です。ただし、マンションによって飼育可能な頭数や大きさに制限が設けられていることもあるので、あらかじめ確認しましょう。

ペットと過ごしやすい設備が充実しているかを見るには、共用部分と室内の設備をチェックすることをおすすめします。また、動物病院やペットショップ、ペットサロンなどが併設または近くにあるとよりよいでしょう。設備だけでなく、自分のペットにとって過ごしやすい室内環境かどうかを基準にして探すことも大切です。大切なペットが亡くなってしまったら、火葬して供養することができます。

横浜・川崎・藤沢エリアでペットと一緒に暮らしたい方は、理想の物件を探しあててみましょう。