ブログ

阿久和 ペット 火葬に関しての重要サイト。阿久和 ペット 火葬お役立ち情報を提供。

 

会社情報

基本スタンス

湘南福祉サービスは動物の火葬を主要な勤めになっている会社になります。
開業以降は、次のような内容のポリシーに気を配っています。
火葬場へご訪問になりますご利用者様は、空虚につらい気分を心の中にしまってお訪ねのはずです。この想いに肩を寄せ合って応じられるよう愛情を込めて
います。オーナー皆さんの心をしっかりストレートにお受けする事をまず第一に重点にしています。

供養料金を受け取るのは、わたしたち民間会社の生業(なりわい)じゃあないものと意識しています。我が社では供養を100%空乗寺に
お願いをしています。我々のメインの仕事はペット納骨堂の運営と、参拝するすべての人が気持良く参拝できます様に気くばりを行う事だと言えるでしょう。

日頃の欠かさぬ供養と1日中ご本尊に護られている環境条件がありまして、その上で1年の供養料金を得られるものと思います。
霊座の違いや大きさ、骨壷の違いなどによって料金を違えては、供養むしろ倉庫の保全料的特色が深くにじみます。保全料じゃなく供養料という形でお預かりしたものを空乗寺に納める。こういう介入がうちのお役回りであると心構えであります。我らは設立時よりずーっと霊座や骨壷の違いにかかわらず、みんなおんなじ料金を遵守しているわけです。

空乗寺本堂

空乗寺 本堂

獣医者先生と一緒に歩んだ遍歴

私自らが横浜に動物病院を開店してから、もうすでに 60年となるはずです。その時はご来院に来ます、犬や猫の数は、ちょっとだけで、一方でに殺処分の犬は保健所に一杯になっていたのであります。

何を目的として産まれてきたのか?
こういう命は、なんなんだろうか?
自問自答の日常でありました。
最小限、この子たちに向けて供養為す施設を建築してあげなきゃと、堅固な思いを持っていおりました。

火葬場やお寺さん、葬儀会社、たくさんの皆さんとお目にかかって手助けのお願いをしてまいりました。想いをと同じ位に頂きまして、1歩1歩、たくさんの時間を使って完成されたのが、此処の設備です。

現在は遺体の収監、安置、火葬場、納骨堂と完全なものとなり、どのような人でも気がかりなく紹介できる心温まる火葬場となったのです。

自身の家族のメンバーだったオト、マリア、ケシイ、アマラシ、プリリシアや、シェパードのアイン君も、のらねこから昇格して大往生をしたマミーちゃんも、皆ここの所を使わせてもらったのです。
一生懸命日々を過ごしたいい思い出の犬、猫達だと言って間違いありません。昔の子は納骨堂横の合祀墓へ、新しい子は、自身の新しい住宅で記憶と一緒に月日を送っています。

 

概 要

湘南福祉サービス

本店・火葬場 横浜市中区長者町5-75-1 横浜市瀬谷区阿久和南 藤沢市鵠沼神明3-3-21
空乗寺納骨堂 藤沢市鵠沼神明3-3-21境内

火葬炉 1基

訪問用火葬車両 1台(キャラバン1台)

訪問専用火葬車

訪問専用火葬車

火葬料金