ブログ

ペットの最期の寝床

ペットの最期の寝床についてご紹介させていただきます。

病気で亡くなってしまう場合、寿命で亡くなってしまう場合。事故で亡くなってしまう場合。様々な原因があると思います。でも、一生懸命に生きてくれたことはみんな同じだと思います。最期まで頑張って生きてくれたからこそ死後の世界に安心して逝けるようにしてあげたいですよね。大切な家族の同じ供養をしてあげましょう。安心して眠れる寝床を用意してあげるのが一番の供養になるのではないでしょうか?寝床となるのはお墓ですね。空乗寺のペット供養湘南福祉サービスではペットが安心して眠れる共同墓地と納骨堂を用意しております。共同墓地にお参りの際にはお花などのお持ちいただく方が多いです。横浜~川崎~相模原など神奈川県全域に対応していますのでご安心ください。自宅などまでこちらからお伺いに行くこともできますので時間のない方でも大丈夫です。24時間365日対応しておりますので何時でもお電話ください。

ペットの火葬でトラブルは避けたい!気をつけなくてはいけないこととは

大切なペットが亡くなり火葬をするときに気をつけなければいけないことがいくつかあります。家族同然のペットがいなくなり、精神的にも辛い時なので無用なトラブルは避けなければいけません。

ここではペットの火葬で注意しなければならないことをご紹介します。

 

自宅での火葬はご近所トラブルになる可能性あり
今まで家族同然に一緒に暮らしてきたのだから最後は自宅で荼毘に付せてあげたいと願う飼い主としての想いはものすごくわかります。

ただ昔とは違い臭いや煙などの関係で法律的にも物理的にも自宅でペットを火葬するのは難しいと思います。

なぜなら一般的にペット葬儀業者が使用している火葬炉は1000℃の高温で時間をかけて火葬し、燃焼した時に出る煙や有害物質が表に出ないような設備なっています。

家の庭や敷地でペットを火葬すると木や紙などとは違い動物を焼く独特の臭いを発するのでご近所から苦情が出る可能性が高くそれが原因で大きなトラブルに発展するかもしれません。

どうしても自宅で火葬したいのであれば火葬炉を車内に設置しているペット用の移動火葬車を使った訪問火葬サービスがあるので、それを利用すると専門の業者がキチンと管理してくれるの安心してお任せできます。

神奈川にある湘南福祉サービスではペット葬儀の専門業者で横浜?川崎?藤沢市に対応してますので、横浜・川崎・藤沢でペットの葬儀・火葬を希望される方は、湘南福祉サービスにご相談ください。

 

副葬品に注意。入れて良いもの・いれられないもの
ペットを火葬にする際に棺に愛用の物や大好きだった物も一緒に入れてあげたいと誰もが思いますね。祭壇や安置所では比較的自由にお供えやお飾りができますが、遺体と一緒に棺に入れて火葬するとなると入れられる物が限られてきます。

たとえば少量のお花や写真?手紙などの紙類は棺に入れても問題ありません。ただご飯やおやつは紙に包んで入れるのは大丈夫ですが、缶や袋入りのままで入れることはできません。

またお気に入りのオモチャや洋服?首輪などの愛用の物もプラスチックやゴム?化学製品でできている物は火葬したときに異臭や黒煙が出るのでNG です。化学製品でできているものは黒い塊で燃えカスとなって遺骨に付着してしまうのでお骨上げにも悪影響を及ぼします。

 

倫理観の低い悪徳業者に要注意
ここ数年でペット用葬儀業者が増えてきました。その背景には近年のペットブームでペットを飼う人が増えたことと、ペットに対する考え方が昔とは異なり家族と同じようになってきていることも関係しています。

そのためペットが亡くなったら最後にキチンと見送ってあげたいと考える人が多くなりました。

ペット葬儀業者の中にはそんな飼い主の気持ちを上手く利用する倫理観の低い悪徳業者もあります。

特に多いのが金銭トラブルで中には見積り以外に高額な金額を要求する場合もあります。

被害に合わないためにもインターネットの口コミを利用したり、担当者の説明中に少しでも違和感を感じたらすぐに契約はせず保留にして考えましょう。

 

まとめ
大切なペットに安らかに眠ってもらうためにもトラブルは避けて安心して任せられる業者を見つけましょう!

大切なペットがなくなってしまった・・・葬儀の準備と手順

我が子のように可愛がっていたペットが亡くなってしまったら悲しみで胸がいっぱいになります。せめて最後に葬儀をして送り出してあげたいと思いませんか?

そこで今回はペットの葬儀の準備と手順をご紹介したいと思います。

 

ステップ1:良い状態を長く保つため正しく安置
葬儀や火葬の準備をしている間は遺体を安置しなければなりません。

ご自宅で安置するならば、まずは頑丈な箱にタオルを敷きペットをタオルでくるんで入れてください。動物は死後2、3時間で手足から腹部?頭部と順番に死後硬直が始まります。亡くなってからしばらくすると人と同じように体から尿や糞?出血などがありますが時間と共に落ち着きますのでキレイに拭き取り脱脂綿を詰めると良いでしょう。

常温で安置する場合は冬場で2~3日、夏場で1~2日程度です。

また火葬が日程の都合ですぐにできない場合や夏場の暑い時期には腐敗遅らせるためにドライアイスや保冷剤を使うことをお勧めします。

葬儀をペット葬儀業者にお願いする場合は業者がキチンと安置してくれますので業者にお願いするのをお勧めします。

 

ステップ2:葬儀方法・葬儀社を決定
ペットの遺体を安置すると次は葬儀方法や葬儀社を決めます。近頃は多くのペット専門の葬儀社がありますが、中には倫理観の低い悪徳業者が存在しています。そんな悪徳業者に引っ掛からないためにしっかりと確認して信用できるペット専門葬儀社に依頼しましょう。確認するポイントを例にあげると、

①火葬方法や納骨方法(合同でするのか個別で対応してくれるのか)

②料金について(業者によっては火葬費や納骨代は別に請求してくる業者もあるので、見積りをしっかり見てオプション料金などの追加料金について確認しましょう)

③自社の火葬炉を持っているのか(業者によっては火葬炉を持っていない業者も存在し、ペットの遺体を県外や遠くへ持って行って火葬する業者もありますのでどこで火葬するのか確認しましょう)

神奈川県にある湘南福祉サービスでは横浜?川崎?藤沢市の近隣地域に対応していますので、横浜・川崎・藤沢にお住まいでペットの火葬を検討中の方は、湘南福祉サービスにご依頼ください。

 

ステップ3:葬儀・お別れ式で最後のお別れ
葬儀方法や葬儀社が決まれば葬儀?お別れ式で最後のお別れです。

家族同然に一緒に生活をしていたペットとの別れは本当に辛いことです。

ペットの純粋に飼い主を慕う気持ちを身近に感じて元気つけられたり、癒されたりしたのではないでしょうか?

ペットの葬儀の流れは基本的には人と同じ流れになっていて、読経→お焼香→お別れ→火葬→納骨の順番です。

葬儀では感謝の気持ちを伝えてと最後のお別れをしましょう。

 

まとめ
ペットは今は家族の一員と考えられています。

悔いの残らないようにしっかりと送ってあげてくださいね。

由緒正しいお寺できちんとペット葬儀を|神奈川県藤沢市の空乗寺について

ペットが亡くなり葬儀をしてあげたいと考えた時にどちらにお願いしますか?最近は由緒あるお寺でもペット葬儀をしてくれるところがあるのをご存知ですか?

そこで今回はきちんとペット葬儀してくれる神奈川県藤沢市にある空乗寺のペット葬儀についてご紹介したいと思います。

 

お寺でのペット葬儀は人と同じ供養ができると評判
今まではペットの葬儀はペット専門の葬儀業者に依頼しそこに僧侶に来て頂くのが一般的でしたが、最近ではお寺が独自にペット葬儀をしてくださるところが増えてきました。

その背景には最近はペットも家族の一員と考え、家族の一員が亡くなったのだから人と同じようにお寺でしっかりと供養してあげたいと言う飼い主の想いがあるからです。

空乗寺のペット供養は共同火葬?個別火葬に対応しており、ご希望の場合は飼い主も立ち会いのもとで収骨して頂けます。

集めた遺骨は飼い主に返骨もしくは納骨堂に納めさせて頂きます。

空乗寺には火葬したペットの遺骨を納骨してくれる共同墓地と納骨堂もありますのでお寺でキチンと供養してくれますので安心です。

 

空乗寺は17世紀に創建!神奈川県藤沢市の由緒あるお寺
空乗寺は神奈川県藤沢市鵠沼神明三丁目にある真宗高田派の由緒あるお寺です。お寺の古文書によれば延宝5年(1677年)に入滅した僧了受が江戸時代の初めに開山?創建したと記されています。正式名称は金堀山空乗寺と呼ばれ、ご本尊は阿弥陀如来像で、本堂の裏の墓地には大橋重信のお墓はあり藤沢市の史跡に指定されています。

この大橋重信とは天正10年(1582年)河内国志紀郡(現在の大阪府藤井寺市)の出身で江戸幕府初期の旗本です。元は豊臣秀頼に仕えていましたが豊臣家滅亡後は浪人になり、江戸に出て徳川秀忠に旗本に召し上げられてその際にこの地域の鵠沼村?大庭村を賜ります。

その後は秀忠?家光二代の将軍に重臣の旗本として仕えた人物です。

 

獣医師免許を持つ住職だから飼い主の気持ちに寄り添える
空乗寺の現在の大橋信明住職は獣医免許を持ち、隣接して「大橋動物病院」を開設しておられるのでペットを亡くして悲しみでいっぱいの飼い主の気持ちを理解し寄り添ってくれるでしょう。

空乗寺のペット供養は356日24時間対応していますので、急なご不幸にも迅速に対応してくれます。

また藤沢市だけではなく横浜?川崎方面も対応していますので、横浜・川崎・藤沢でお寺での葬儀・火葬をお望みの方は、湘南福祉サービスにお任せください。

 

まとめ
大切な家族の一員であるペットの葬儀だからこそ、今まで一緒に過ごしてくれた感謝の気持ちをを込めて、由緒あるお寺できちんと供養してあげたいですね。

大切なペットとの思い出を形にできる「メモリアルグッズ」とは

大切なペットとのお別れは本当に辛いものです。一緒に過ごした時間が長ければ長いほど心の中の喪失感は大きいでしょう。

そんな大切なペットとの思い出を形にできる「メモリアルグッズ」があるのをご存知でしょうか?

今回は大切なペットとの思い出を形にできる「メモリアルグッズ」についてご紹介したいと思います。

 

メモリアルグッズのメリットは「いつまでも一緒にいられる」こと
大切なペットが亡くなると心の中が喪失感でいっぱいになってしまいます。いつも一緒に居てどこにでも後を付いて来るペットの事を思い出すと悲しみが増してくるばかりです。

最近ではペットの遺骨や毛を加工してキーホルダーや携帯ストラップなどのにする「メモリアルグッズ」が大変人気があるそうです。

メモリアルグッズはペットを亡くした飼い主が「大切なペットとの思い出を形にして形見として持ちたい」と言う想いから生まれたものです。

ですのでメモリアルグッズのメリットはいつまでもペットと一緒にいられること、そして大切なペットのメモリアルグッズを身に付けることでずっと身近にペットを感じられることなのです。

 

姿を写したものから遺骨・毛を使うものまでバリエーションは様々
メモリアルグッズはいろんな種類があり、たとえばペットの遺骨や毛?写真をを使った携帯ストラップやキーホルダー、携帯ケース、フォトフレームに写真入りのクッションや壁掛け時計もあり、その他にもペットそっくりのぬいぐるみやペット写真入りの位牌まであるので飼い主のニーズ合わせて製作してくれます。

ペットの亡骸を火葬してお祀りして供養するのもよいですが、ほんの一部をメモリアルグッズにして身に付けるのよいですね。

 

写真や文字を入れてかわいく!供養の代表格・位牌のススメ
メモリアルグッズの中でも特にお勧めなのがペット写真を使った位牌です。

お気に入りのペットの写真を使いペットに向けたメッセージも入れてかわいく仕上がります。

素材も陶器や木製?クリスタルなど様々で飼い主のお好みによって選んでいただけます。

神奈川県藤沢市にある空乗寺ではペット供養としてクリスタル製の位牌に写真?ペットのお名前?命日?メッセージ入でカラーやデザインもお好みで選ぶことができるのでお勧めです。空乗寺は藤沢市だけではなく川崎市~横浜市にも対応していますので近隣にお住まい方は一度足を運ばれてみてはどうですか?

 

まとめ
大切なペットとの思い出を形にしていつまでも愛するペットと一緒にいられるメモリアルグッズを身に付けて見てはいかがですか?

そして突然なくなったペットの葬儀を横浜・川崎・藤沢で行いたい方は、湘南福祉サービスにお問い合わせください。

大切なペットが亡くなってしまった時やらなければならないこと

ペットを飼っていればいつかはお別れの日が必ずやって来ます。家族として一緒に過ごして来た時間が長いほど悲しみは大きくなりますが、しかし悲しんでばかりはいられず、ペットが亡くなった後に飼い主としてしなければならない事があります。

今回はペットが亡くなった時にやらなければいけない事をご紹介したいと思います。

 

「ペットロス」と言われるほどペットが亡くなると辛い
最近よく「ペットロス」と言う言葉を耳にしませんか?

「ペットロス」とは大切なペットが亡くなってしまい深い悲しみに襲われ心の中が「虚無感」や「喪失感」でいっぱいになる事を言います。

今は昔とは違いペットも大切な家族の一員として考えられていて自分の子供のようにたくさんの愛情を注いで育てているので突然ペットが目の前からいなくなると落ち込むことは当たり前なのですが、こう言った症状が数ヶ月も続く場合は「ペットロス症候群」と言われています。

ひとくちにペットロスと言っても症状は様々で、食欲不振をはじめ重症になると倦怠感で何もやる気が起こらず、うつ状態になって日常生活や仕事にも支障が出て来るようになります。

特に急に亡くなってしまったり、突然行方不明になった場合はペットロスになる可能性が高くなりがちです。

 

気持ちの区切りに|自治体への届出を忘れずに
大切なペットを亡くしてしまい深い悲しみで心がいっぱいになってしまうお気持ちは良くわかります。

しかし大切なペットのために飼い主として最後にしてあげないといけないことがあります。

ペットが犬で自治体に飼っていることを届出しているのでしたら亡くなってから30日以内に登録している自治体に届出しなければいけません。

ペットが亡くなって喪失感がいっぱいの中で手続きするのは辛いとは思いますが一つの区切りとして届け出は必ず行いましょう。

犬以外にも特定動物として指定されている場合は届け出が必要になってきます。特定動物は都道府県の条例によって定められていので、自分の飼っていたペットが特定動物になるのかどうかは直接自治体に問い合わせて確認してください。

 

最後のお別れを|葬儀の準備
ペットとの別れが辛いからと言っていつまでも家に遺体を安置する事は出来ません。最後にきちんとお別れの準備をしてあげましょう。

自治体が引き取って火葬してくれるところもありますがいろんな動物を合同で火葬してしまうので、最近は家族の一員であるペットの最後のお別れにペット用葬儀業者に依頼する人がほとんどです。

藤沢市の空乗寺のペット供養ならば葬儀の日までペットの遺体をキチンと安置してくれて、合同火葬、個別火葬、立ち会い火葬など飼い主の希望に合わせてくれますし、藤沢市だけではなく横浜?川崎市の広いエリアまで対応してくださいます。

 

まとめ
大切なペットとのお別れには大変辛いですが飼い主としてしっかりとお見送りしてあげましょう。

横浜・川崎・藤沢でペットの火葬をお考えでしたら湘南福祉サービスにお任せください。

藤沢市での思い出。

僕は高校の時、平塚学園に通っていたのですがその時藤沢駅にあるカレー屋さんに良く行っていました。

そこでは50倍の辛さのカレーがありまして見た目が赤いカレーでした。食べた次の日には必ずお腹が痛くなるのですがとても美味しく癖になる味でした。

そこは藤沢の丸井のデパートにありました。地下一階にあって沢山の色紙が飾ってありました。その辛さのカレーを食べると色紙を飾って貰えるのですが沢山の色紙が飾ってありました。

またあのカレーを食べたいなとたまに思うのですが、デパートの丸井はだいぶ前になくなっていました。今はヨドバシカメラになっています。

藤沢もだいぶ変わりましたよね!

駅前の古本屋さんもなくなってしまいましたしね。時の流れで様々なものが変わっていくものなんですね。

今日は藤沢駅からすこし離れたところにあるラーメン次郎に初めて行って来ました。お客さんがとても多かったです。

ラーメンの好みをチョイスできるのですが麺は普通盛りですと普通の店の倍あります。少し少な目と頼むと2/3の量、半分のと頼むと普通のラーメン屋さんの量になるそうです。

ラーメンってその人その人の好みがありますよね。普段はこってり系が好きなのですがここのラーメンはとてもこってり、10年前に食べていたらはまっていたかもしれないのですが40代の僕にはちょっときつくなってまいりました。

野菜は多目でとてもいい感じなのですがね。もやしも沢山入っていました。

皆さんも藤沢市に来た際には行ってみたらいかがでしょうか?

夏も本番で横浜は暑くなってきましたね。

横浜の夏は海の風が入ってきてとても心地がいい気がします。

私が生まれ育ってもう40年以上が過ぎましたが横浜で育って良かったと感じています。

生まれてから今まで色んな所で生活していましたがとても落ち着く場所です。

産まれたのは綾瀬市のかしわ台その時は周りには特に何もないところでしたが今はショッピングモールができとても人が沢山すんでいます。昔は夜に飛行機が飛んでいましたが今はどうなっているんでしょうか。

幼稚園は、保育園はと考えると立ち寄って見たくなりました。

小学校の高学年の時には親の仕事の関係で転校することになりお別れ会を催してくれたときはとても嬉しかったな。

その後は横浜に住み続けています。

 

横浜市でペットの火葬。

雨が凄いですね。今年は異常気象、、って毎年言っている気もします。

横浜市のお客様のご自宅でペットちゃんのお火葬でした。

猫ちゃんなのですが、とても安らかなお顔でした。

ご冥福をお祈り致します。

今日は藤沢市で猫ちゃんのご納骨でした。。

先日藤沢市で亡くなった猫ちゃんのご納骨でした。猫ちゃんが小さいときに拾われて19歳で亡くなったという事で思い出が沢山あったことと思います。ご供養なさって下さい。