お知らせ

ペットの葬儀で慶弔休暇はとれるのか?ゆっくりお見送りをしたい!

導入文

近年、ペットの飼育頭数やペットとして飼う動物の種類も豊富で、それに伴ってペットに対する社会の考え方にも変化が現れ始めており、動物を家族の一員として接する家庭も増えてきました。最近では、ペットに対して家族と同じような忌引き制度を取り入れる会社も少なくありません。

ペットの死にあたり慶弔休暇を与えてくれる会社もある

ペット向けの保険を扱う損害保険会社では、社員の飼っているペットが亡くなった際、忌引きとして最大3日間の休暇が取れる制度を導入したことが話題になりました。これは、兄弟姉妹、もしくは祖父母が亡くなったときの忌引き休暇と同じ日数にあたります。ペットが亡くなったからといって会社を休むべきではないという意見もありますが、家族同然のペットが亡くなれば仕事どころではないという方も多いのです

ペットが亡くなったときの忌引き休暇を申請するには、死亡診断書や火葬証明書などの書類が必要となります。ペットを失う悲しみは家族を亡くすのと変わりはなく、仕事へ復帰するための心の準備をする時間をもらえるというのは、うれしい制度です。

ペット慶弔休暇制度がない場合は有給を使うのがベター

ペットの慶弔休暇を採用している企業はあまり多くないものの、ペットを亡くした方のために、休暇が欲しいという要望に応えるべく休暇制度を導入している企業もあります。また、休暇制度の一環として、ペットの死亡時に限らず「ペット休暇」を取得できる企業まであるのです。

就業規則によって慶弔休暇が無給か有給扱いかは異なりますので、ご自身の職場の制度に目を通し、就業規則に不明点があれば人事部や上司に確認をしましょう。また、緊急の場合の申請や対応はどうするべきか、業務が滞らないように同僚や上司と事前に確認をしておくと安心ですね。ペット休暇のない職場にお勤めの場合は、有給を消化するのもひとつの方法です。

一般的な企業がペット慶弔休暇を導入することの難しさ

ペットとのお別れの際、休暇を許可する企業が増えてはいるものの、決して多くの企業が理解を示しているわけではありません。上司や同僚の方が違った価値観を持っていると、ペットを家族として見送りたいと思っている人にとって、より辛い状況になってしまうということもあるでしょう。

家族同然に愛情を注いできたペットであっても親族ではなく、もちろん戸籍もありません。また、ペットが犬や猫なのか、縁日で購入した金魚なのかというペットの種類の範囲を決めるのも難しくなるでしょう。ですが、職場の人と日頃からコミュニケーションを取っておくことで、突然のペットの死に直面したときに価値観の差からぎくしゃくしてしまうのを防ぐことができるはずです。

大切なペットが亡くなったとき、横浜や川崎、藤沢にもペット火葬業者はたくさんあります。ペットとのお別れを横浜・川崎・藤沢でするなら湘南福祉サービスにお任せください!