お知らせ

ペットの火葬から埋葬までの流れは?

導入文

以前はペットが亡くなると保健所に連絡してペットの遺体を引き取ってもらい、他のペット達と合同で供養してもらうというお別れの仕方が一般的でした。しかし、最近では家族の一員として見送ってあげたいという飼い主様が多くなり、横浜・川崎・藤沢でもペット専門の火葬業者に依頼して火葬から埋葬まで行う飼い主様が増えています。そこで、ペットの火葬から埋葬までの流れについてご紹介していきます。

まずは業者を手配|ペットの火葬業者に連絡

家族と同じように愛情を注いでいたペットが亡くなると、喪失感でいっぱいになり何もできなくなってしまいます。ですが、まずは亡くなったペットの遺体をきれいにしてからタオルなどで包み、ドライアイスや保冷剤を置いて遺体を冷やしながら防水シートやペットシートの上に安置しましょう。

その後、ペットの火葬業者に火葬やお葬式を依頼しますが、最近では24時間対応しているペット火葬業者もあり、忙しい飼い主様や急なペットの不幸にも対応してくれます。いろいろなペット火葬業者がありますので、選ぶ際には信用できる業者を選ぶようにしてください。選び方として、お知り合いの方が利用された業者は安心ですし、インターネットで探す際は口コミなども参考にするといいでしょう。

最後のお別れ|火葬~収骨

火葬当日は、まずペットと最後のお別れをします。その際、ペットが入っている棺に思い出の品を入れてあげるといいですね。お花やペットが好きだった食べ物、写真などは入れても大丈夫ですが、金属やプラスチック製のものは入れることはできません。迷ったときにはペット火葬業者に確認するといいでしょう。

その後、火葬場にて火葬となりますが、猫や中型犬くらいの大きさのペットの場合、飼い主様のご希望の場所まで移動火葬車がきて火葬してくれます。ペット火葬業者によっては24時間対応してくれる業者もあるので、忙しい方やペット火葬場が遠くて行けない飼い主様にはピッタリです。
火葬が終わると骨上げを行います。移動火葬車の場合でも骨上げがありますので、ペットの骨を入れる骨入れを準備しておきましょう。

安らかに眠ってもらいましょう|埋葬

ペットの遺体を火葬して骨上げが終わると、次は埋葬になります。昔は庭の隅にペットの遺体を埋葬していた方が多く、火葬をされていれば衛生的にも問題はありませんが、こうした行為に不快感を持つ方もいるので、自宅の敷地内であっても慎重に埋葬場所を選ばなくてはいけません。

今はペット火葬業者のなかに共同墓地やペットの納骨堂を所有している業者がありますので、そちらに埋葬してもらうといつでもお参りに行くことができます。また、自宅に持ち帰って供養する、あるいはペット霊園に埋葬するなどの方法があるので、気持ちやライフスタイルなどに合わせて検討しましょう。横浜・川崎・藤沢でペットをお見送りするなら湘南福祉サービスにご相談ください!