お知らせ

行政によるペットの遺体の引き取りシステムを紹介!

行政でもペットの遺体引き取りサービスをおこなっています。しかし専門業者とはサービス内容が大きく違うため、事前にシステム内容を知っておく必要があるでしょう。行政に依頼すると遺骨は返ってこないことが多く、特殊なゴミと近しい扱いを受けます。ここでは、遺体を引き取ってもらう際の流れや具体的なサービス内容をみていきましょう。

行政のペット遺体引き取りサービスは「特殊なゴミ」と近しい扱い

行政によるペット遺体引き取りサービスは、自治体によってシステムが異なります。しかし「特殊なゴミ」と近しい扱いを受けることがほとんどです。遺骨の受け取りはできない場合が多く、行政のもとに残った遺骨は合同埋葬されるか、一般のごみと一緒に埋め立てられます。

なかには遺骨の引き渡しをしているところもあるものの手数料が倍近くかかりますし、丁寧に火葬してくれるわけではありません。火葬にかかる料金が安いというメリットはあります。しかし、専門業者のように手厚いサービスはしてくれないと考えておいたほうがよいでしょう。

行政に遺体を預けても遺骨は返ってこないので注意

行政に遺体を預けると動物専用の焼却炉で火葬してもらえますが、遺骨が返ってくるケースは少ないです。事前に遺骨の引き取りを希望していれば、自治体によっては手元に戻ってくることがあります。しかし遺骨の引き取りはできないとしている自治体が多く、火葬された遺灰はほかのごみの灰と共に埋め立てられたり合同埋葬されたりすることが一般的です。

「大切なペットの遺骨は墓地に埋葬してあげたい」もしくは「自宅で供養してあげたい」と考えている場合には、行政ではなく専門の業者を利用したほうがよいでしょう。遺骨が返ってくるかは、あらかじめ自治体に確認しておくことがおすすめです。

行政にペットの遺体を引き取ってもらう際の流れ

行政にペットの遺体を引き取ってもらう際、遺体を指定されたセンターへ持ち込みます。持ち込む際は紙やビニール袋で遺体を包んでから段ボールへ入れましょう。自治体によっては遺体の包み方を指定しているところがあるので、事前に確認が必要です。首輪など燃えないものは外しておき、きちんと燃やすためにも遺体を冷やしたまま持ち込まないように注意してください。

遺体を持ち込むと、動物専用の焼却炉で火葬されます。金額は高くなりますが自宅まで遺体を引き取りに来てくれる自治体もあるため、車での移動が難しい場合は引き取りを依頼するとよいでしょう。横浜・川崎・藤沢でペットをしっかりお見送りしたいなら、湘南福祉サービスにお任せください。ミツイペットセレモニーは横浜・川崎・藤沢でペットの火葬や埋葬、納骨をおこなっています。